料金体系導入事例ブログイベント情報ニュース会社概要採用情報
パートナー募集
お役立ち資料
お問い合わせ
料金体系導入事例ブログイベント情報ニュース会社概要採用情報パートナー募集
BLOG

ブログ

社内コミュニケーションを活性化する方法|重要視される理由

社内コミュニケーションとは、社内における雑談や業務上の情報共有などの会話のことです。コミュニケーション不足の状態では、企業の生産性や離職率などに影響が生じる可能性も考えられます。業務プロセスを円滑に進め、社員のモチベーションアップにつなげる施策を実践しましょう。本記事では、社内コミュニケーションを活発にするメリットや重要性、コミュニケーション活性化につながる具体的な方法をご紹介します。

社内コミュニケーションを図るメリット

社内でのコミュニケーションが活発になると、企業にとっても良い効果が得られると期待できます。まずは、社内コミュニケーションを図る主なメリットをご紹介します。

離職率の低下

社内コミュニケーションを重視することで、従業員の離職率が低下する傾向があります。コミュニケーションの不足は、従業員が課題や悩みを解決できない状況を招き、離職の原因となるケースがあります。社員同士の円滑なコミュニケーションは働く環境において満足度を向上させ、結果として長期的な雇用関係を築く要因となるでしょう。

生産性の向上

社内コミュニケーションの活性化は、業務の効率化や生産性向上に関係するといわれています。社員間のコミュニケーションが滞ると、トラブルが起こった際もすぐに相談できず、業務効率が低下してしまうことがあります。社員同士が情報を共有し、協力して取り組むことで、業務プロセスがスムーズに進むでしょう。

情報共有の活性化

気軽にコミュニケーションを取れる社内環境が整っていなければ、意思疎通の際に心理的な抵抗を覚える社員も出てきます。社内コミュニケーションが活発になると会話の抵抗感が軽減され、円滑な情報共有が行えるようになるでしょう。社員間でナレッジの共有が頻繁に行われるようになると、生産性やモチベーション向上、新しいアイデアの創出などにもつながります。

社内コミュニケーションが重要視される理由


社内コミュニケーションの重要性が問われるようになったのは、ビジネス環境の変化も一因であると考えられています。以下では、社内コミュニケーションが重視されるようになった背景を解説します。

価値観の多様化

現代の企業環境では、従業員の価値観が多様化しているといわれています。異なるバックグラウンドや経験を持つ人々が集まることで、新しいアイデアやイノベーションも生まれやすくなるでしょう。こうした環境の中で社員同士が協力し合うためにも、コミュニケーションの重要性が増しているといえます。

社内コミュニケーションが活発になれば、社員同士の相互理解も進みます。異なる価値の相手を尊重し合える組織文化が醸成されることで、一人ひとりが最大限の力を発揮できるようになるでしょう。

テレワークの導入

テレワークの普及に伴い、オフィスにいるときと同じような対面コミュニケーションが難しくなっている企業も見られます。チャットやメールなどでは気軽な対話が行いにくく、社員同士の交流の機会が減少してしまうこともあります。

テレワーク環境においても、企業の運営やプロジェクトの進行のためには適切なコミュニケーションが不可欠です。そのため、オンラインツールやコミュニケーションツールなどを活用し、社内コミュニケーションを活性化させる取り組みが求められています。

社内コミュニケーションを活性化する主な方法

社員が自発的にコミュニケーションを図る環境を作るためには、どのような方法を取り入れたら良いのでしょうか。自社に合う効果的な施策を見つけて実践しましょう。以下では、社内コミュニケーション活性化の主なアイデアを解説します。

オフィスのレイアウト変更

職場でのコミュニケーションを促進したい場合、レイアウトの変更によって自由な交流が生まれやすくなることがあります。コミュニケーションを取りやすい動線を意識したデスク配置で、社員同士の接点を増すことができます。

フリーアドレスの導入

社員が柔軟に席を選べるフリーアドレス制度を導入すると、幅広い社員とコミュニケーションを取りやすくなります。全社員が自由に席替えして働けるようになると、部門の垣根を越えた交流も生じやすくなるでしょう。

気軽に発信できる体制作り

一部の社員のみが情報発信している状態では、共有される内容が偏ってしまう上、社内全体のコミュニケーション活性化につながりません。社内SNSなどを導入し、すべての社員が気軽に発信できる体制を整えましょう。

オープンスペースの設置

共同作業や休憩などに使えるオープンスペースを設置することで、社員同士が気軽にコミュニケーションを取れるようになります。組織全体のメンバーと交流を深められるため、部署を横断したプロジェクトの際も円滑なやり取りが行えるようになるでしょう。

オフラインミーティングの開催

リアルな場でのコミュニケーションは、信頼関係の構築やアイデアの共有などにつながることがあります。テレワークの多い企業でも、出社日にオフラインミーティングを開催することがおすすめです。

社内報・社外報の発行

社内報や社外報を通じて、企業の取り組みや成果を広く社員に伝えることで、組織の方針や目標に対する理解が深まります。自社で起こった出来事を共有する機会を増やすことで、社員同士の共感や協力が生まれやすくなるでしょう。

社内食堂・カフェの設置

社内のコミュニケーションハブとして、社員食堂やカフェスペースを設置することも効果的です。食事をしながらリラックスして話せるため、業務外の話題でも盛り上がりやすくなるでしょう。

1on1の実施

上司と部下の1on1ミーティングは、社員の悩みや課題に対応する良い機会となります。ただの報告会で終わらせないためには、上司側のコーチングスキルも求められます。必要に応じてコーチングに関する研修を実施しましょう。

コミュニケーションツールの導入

テレワークの多い企業では、オンラインでのコミュニケーション活性化に注力することが大切です。チャットツールやWeb会議ツールなどを導入することで、テレワーク環境でもリアルタイムの対話が行えるようになります。

また、コミュニケーションの場として社内向けのオンラインコミュニティを構築することもおすすめです。社員同士の会話を促進できることはもちろん、ナレッジ共有・蓄積のために活用することもできます。

社内向けのコミュニケーションツールを導入する場合は、コミュニティサクセスプラットフォームの「commmune(コミューン)」もご検討ください。「commmune(コミューン)」は企業それぞれの目的に合わせたオンラインコミュニティの企画・構築・運用を支援しています。社内向けコミュニティの導入時も、ぜひお任せください。

3分でわかるcommmuneご紹介資料をダウンロードする

社内コミュニケーション活性化にはオンラインコミュニティがおすすめ!

社内コミュニケーションを図ることで社員間のやり取りが円滑に行われるようになり、離職率低下やることができます。コミュニーるストレスを軽減し、社員が交流しやすい環境を整備することが大切です。コミュニケーション活性化の取り組みを続けていくことで結束が強まり、組織全体を活気づけることができるでしょう。施策の一つとして、オンラインコミュニティを導入することもおすすめです。社内コミュニケーションツールを活用して、社員同士の交流を盛り上げましょう。

企業とユーザーが
融け合う
コミュニティサクセス
プラットフォーム
資料ダウンロード
お問い合わせ
commmuneのfacebookアカウントページcommmuneのtwitterアカウントページ
  • 料金体系
  • 導入事例
  • イベント情報
  • お役立ち資料
  • ニュース
  • ブログ
  • 採用情報

©️Commmune Inc. All rights reserved