料金体系導入事例ブログイベント情報会社概要採用情報
料金体系導入事例ブログイベント情報会社概要採用情報
資料請求デモリクエスト
CASE

導入事例

株式会社ユーザベース「SPEEDAにおけるcommmune導入の背景 - 継続的なコミュニティ施策でタッチポイントを増やす - 」

「経済情報で、世界を変える」をミッションに掲げ、「経済情報プラットフォームSPEEDA」を運営する株式会社ユーザベース。

今回は株式会社ユーザベースの本社にて、「SPEEDA」カスタマーサクセスチームの宇佐美さん、松井さん、若林さんにお話を伺いました。

ユーザーベース本社 SPEEDAのみなさん

ー はじめに、SPEEDAの事業内容を簡単に教えて頂けますでしょうか。

SPEEDAは、ビジネスパーソンの情報収集・分析における課題を解決する最先端のプラットフォームです。世界中の企業情報、業界レポート、市場データ、ニュース、統計、M&Aなどあらゆるビジネス情報をカバーしています。

現在は第二創業期として、プロダクト・サービス共に変革するフェーズで活動してます。

インタビューの様子

ー カスタマーサクセスチームではどのような活動をしていますか。

ユーザーさんに対して迅速に価値をもたらし、継続的に価値を感じてもらうように働きかけることを役割として活動しています。

具体的には、SPEEDA導入後のユーザーさんに対して利用目的を設定し、伴走していくオンボーディングの施策や、各業務領域にフィットした使い方のフォローなどを行っています。

そのために、ユーザーさんを訪問して、ワークショップやレクチャー行い、SPEEDAの価値を実感してもらう取り組みを行ってきました。

タッチポイントの設計が大きな課題

ー コミュニティマーケティングツールcommmune導入前の課題をお聞かせください。

顧客層が広がり、オンボーディング以降のユーザーさんとの十分なコミュニケーションを実現できていなかったので、タッチポイントをうまく設計しなければいけないという課題感がありました。

また、サポートデスクへのお問い合わせも事業拡大に応じて増加しており、人員を増やす以外の手段でお客様の疑問を解消する手立てがないか模索していました。

インタビューの様子

事業と連動させた継続的なコミュニティ施策が必要

ーこれまでユーザー接点の構築に関わるどのような取り組みをされてきましたか。

ユーザーイベントなどのオフラインによる断続的な取り組みは行ってきましたが、その後の継続的な施策に結びつけることが難しく、事業上の成果とどう結びつけていくかを考えていました。

その中で、ロイヤリティを高めて継続利用に繋げる取り組みとしてオンラインコミュニティを検討していました。

ー commmuneの利用目的を教えてください。

今まで十分にコミュニケーションが取れていなかった顧客層との継続的なタッチポイントを創出することが第一目的です。

また、コミュニティ内のN対Nのやりとりによって、ユーザーさんの疑問を解消できる場を作ることでサポートコストを減らしつつ速やかに疑問を解消できる仕組みを実現していきたいとも考えています。

インタビューの様子

ー commmuneを導入する決め手になったのは、どういった点でしょうか。

事業全体の中でのコミュニティの位置づけの整理や、実際のユーザー体験の設計を高いクオリティ且つ、スピード感をもって自分たちで進めていくのに非常に苦労をしていました。

その中で、何度も相談に乗ってくださり、寄り添い続けてくれたコミューンの皆さんの存在は大きかったです。

そのディスカッションや導入前の設計検討を通じて、「ユーザーさんと直接向き合い、価値を共に生み出す」コミュニティをコミューンさんとともに実現できると思えたことが決め手となりました。

ユーザーコミュニティを活用したカスタマーサクセスを目指す

ー 今後のcommmuneでの取り組みや、顧客とのコミュニケーションの施策に関しての展望をお伺いしても宜しいでしょうか。

コミュニティでユーザーさん同士がオープンに学び合える場が実現できれば、プロダクトに加えた価値にもなると考えているので、ユーザー間のコミュニケーションを促進していけるような働きかけをしていきたいと考えています。

そしてこれからは、コミュニティでオンラインオフラインをうまく融合させながらお客さんとのタッチポイントを設計し事業の成果に結びつけることを軸に継続的な施策を行なっていきたいと考えています。


3分で分かるcommmune

\「commmuneではなにができるの?」という方へ/

3分で分かるcommmune

「3分で分かるcommmuneご紹介資料」をどうぞご覧ください!具体的な機能やプラン体系、導入実績など、commmuneについての理解が深まります。

こちらもおすすめ

ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社「カスタマーサクセスの目標はオーナーがオーナーを支援する循環モデル!コミュニティ施策でオーナー中心のサービスを実現。」

メイクリープス株式会社「その機能、実は既にあるんです!一方通行のニュースレターがお客様に届いていないと気付かされた。」

株式会社バウコミュニケーションズ「ユーザーの多様なインサイトを引き出すオンラインコミュニティ」

Loading...

コミュニティで、顧客体験を進化する

資料請求
運営企業採用情報既にアカウントをお持ちの方はこちら利用規約プライバシーポリシーヘルプページ開発者ブログ
commmuneのtwitterアカウントページcommmuneのfacebookアカウントページ

©️commmune Inc. All rights reserved