料金体系導入事例ブログイベント情報ニュース会社概要採用情報
資料請求
お問い合わせ
資料請求
料金体系導入事例ブログイベント情報ニュース会社概要採用情報
資料請求お問い合わせ
CASE

導入事例

commmuneをどう使う?活用ケース分類

この記事ではcommmuneの活用事例を導入目的ごとにご紹介します。同じような課題があり実際に導入した会社様の事例を参考にしてみてください。

to B のコミュニティを運営する会社様の導入目的

to B

目的①ユーザーポータルが欲しい(一方通行ではないコミュニケーションをしたい)

株式会社プロシード

「コンタクトセンター業界のコミュニティサイトを開設したい」という話があったが、Facebookは企業というよりは個人色が強く、自社のプラットフォームとして適切でないと判断し作れなかった。

詳しくはこちら 

ヘイ株式会社

契約からオンボーディング、そしてカスタマーサクセスまでが一方通行だったが、オーナーが新しいオーナーを呼ぶ循環型モデルにしていきたい。

新規オーナーにご利用いただくためには既存オーナーからの紹介が欠かせず、そのためにはオーナーがオーナーを呼ぶ循環システムを作っておかないといけないという危機感があった。

詳しくはこちら 

株式会社ロゼッタ

元々オンラインでのコミュニティを運営していたが、ユーザー追加のたびにコストがかかる仕組みだったのでより多くのユーザーに利用してもらいたくても、コスト面で積極的になれなかった。

また、記事にタグをつけられなかったため、コンテンツ同士の紐づけができず、専門家の有益なコンテンツの蓄積が、UIが原因でそれがまったく生きていないという状態だった。

詳しくはこちら 


株式会社ワークスアプリケーションズ

元々会員組織があったが、オフラインでのユーザー会は移動時間や時間の制約があり、開催する側の工数も大きいため、日常的にお客様とオンライン上で気軽に話せる場を作り、均等にサービスの提供をする・意見を聞くことが重要だと思っていた。

また、ユーザー会は開催まで時間がかかるため、リアルタイムでお客様の声を収集することが難しかった。

詳しくはこちら 

目的②ユーザー接点が欲しい

ウイングアーク1st株式会社

購買後はお客様との接点が切れてしまうことが多く「なかなかお客様と直接つながれない」「活用状況が分からない」という状態だったので、お客様との関係を一つ一つ結び直して接点を作りながら、お客様の状態を把握して、適切な情報をお届けしていく仕組みを作ることが必要だった。

詳しくはこちら 

株式会社プロシード

自社が提供するマネジメント研修は過去6,000名以上の方に受講していただいているのにも関わらず、研修後に情報交換できる場を提供できていないことが課題だった。

詳しくはこちら 

ヘイ株式会社

ユーザーの増加に伴って既にオーナー全員に対して手厚いサポートが実施できておらず、まず短期的には、既存オーナーへのサポートとして顧客接点をひとつ増やしたかった。

詳しくはこちら 


株式会社ロゼッタ

現状細かい部分まで把握の難しいオンボーディングをデータ化し、お客様がつまずきやすい部分を見える化し、サポートすべき部分を明確にして、チャーン防止にも繋げたい。

また、プロダクトフィードバックや開発スケジュールについてのユーザーとの対話もここで完結したかった。

詳しくはこちら 

目的③カスタマーサポートを効率化したい

ヘイ株式会社

ユーザーの数が多いサービスのため、コミュニケーションを密に取れるオーナーさんが限られてしまっていたが、サポートの人数を増やすことも難しく、多くの方に効率的に情報を届ける手段を探していた

詳しくはこちら 

MIKAWAYA21株式会社

今までは、35店舗オーナーがいる中で各支店の売り上げや顧客単価でしか加盟店の状況を把握する方法がなく、優先度が高い支店の可視化をしたかった。

詳しくはこちら 

メイクリープス株式会社

今後のサポート体制を整えていくうえで、お問い合わせの半数以上を占める「基本的な製品機能に関する問い合わせ」を減らす必要があり、長期間利用いただいているロイヤルユーザーの方々の知識量の多さを活用したかった。

詳しくはこちら 

株式会社ユニリタ

今まではお客様ごとに担当営業がおり、24時間体制でお客様に対して手厚いカスタマーサポートを行なっていたが、今後は今までのような手厚いサポートを行うことは難く、加えて、どうしても遠隔地へは十分なサポートができない課題があり、サポート工数を削減する必要があった。

詳しくはこちら 

目的④ユーザー間のコミュニケーションを促進したい

ウイングアーク1st株式会社

元々Facebookグループで会員700名ほどのコミュニティを運営しており、ノウハウや活用事例の共有、疑問の投げかけといったユーザー同士の積極的な交流の部分引き継ぎたかった。

詳しくはこちら 

目的⑤業界に貢献したい

株式会社プロシード

自社は独立系コンサルティング会社であり中立性を持っているので、コンタクトセンター業界の課題である「他社の運用状況等をベンチマークすることが難しい」状況下で必要な情報収集や意見交換が可能な場を提供することで、コンタクトセンター業界に貢献したかった

詳しくはこちら 

to C のコミュニティを運営する会社様の導入目的

to C

目的①ユーザーポータルが欲しい(一方通行ではないコミュニケーションをしたい)

株式会社SHARP COCORO LIFE

購入検討者、使い始めの方、ベテランの方と、それぞれのフェーズごとの課題に別々のチャネルでアプローチしており、非効率性を感じていたので、一元的にアプローチできるコミュニティが欲しかった。

詳しくはこちら 

株式会社凪スピリッツ

最初は自社ブログやTwitter、LINE@を活用していたが一方的な情報発信にしかならず、うまくお客様の声を拾うことができていないという課題感から、Facebookやmixiを用いてコミュニティを運営してみたが、複数人での管理が難しかったり、使い勝手が悪かったりでコミュニティを活性化させることができず、コミュニティ運営に限界を感じていた。

詳しくはこちら 

株式会社バウコミュニケーションズ

生活者のインサイト取得を目的として、100名近いコミュニティをFacebookで運営していたが、実名制でマイページのタイムラインからプライベートの投稿や情報にもアクセスできるといった点に抵抗を感じる方々から自発的な発言をいただくことが難しく精度の高いインサイト取得に課題を感じていた。

詳しくはこちら

ベースフード株式会社

元々は既存SNSプラットフォームでのコミュニティ運営を試してみたが、趣味嗜好のコミュニティでは匿名でやりとりしたい人が多かった、プライベートの投稿も見られる状況では発言しにくかったなどの理由で、気軽にユーザーがコミュニティに関与できず活性化させることができなかった。

詳しくはこちら 

目的②商品開発に役立てたい、フィードバックを得たい

株式会社アダストリア

今までSNSやメルマガを通じてユーザーに対してコミュニケーションを行なってきたが、自社からユーザーへの一方通行の発信に留まっていたので、ユーザー対ユーザーのコミュニケーションが出来る場を創出し、新しい価値観を提供したかった。

詳しくはこちら 

株式会社SHARP COCORO LIFE

ベテランユーザーの方が製品に対する具体的な疑問や要望などがあった場合、カスタマーサポートへの連絡か口コミしか伝える手段がなかったので、気軽に質問や投稿することができる場が欲しかった。

詳しくはこちら 


株式会社バケット

創業当時から常に「お客様の意見第一主義」を最も大切にしてきたので、お客様の意見を把握する手段として店舗で紙媒体のアンケートを実施しお客様のご意見をいただいていたが、コストや情報共有の手間がかかってしまっていた。またコロナ禍で店頭アンケートを回収できなくなったのでお客様のご意見をいただくコミュニティが欲しかった。

詳しくはこちら 

ベースフード株式会社

ユーザーのフィードバックをいち早く集めたいと考えており、ユーザーの声をよりカジュアルな形でリアルタイムに集めるための仕組みづくりの必要性を感じていた。

詳しくはこちら 

目的③ユーザー間のコミュニケーションを促進したい

株式会社アダストリア

コミュニティで繋がりができ、家庭や職場とも違うサードプレイスとしてユーザー様の心のよりどころになることが一番のゴールだと思っているので、コミュニティはユーザー同士のコミュニケーションを深めていく場にしたかった。

詳しくはこちら 

株式会社凪スピリッツ

お客様同士でコミュニケーションを取ってもらい、新たな発見や共通項をもつ人との会話を楽しんでもらうことは、参考になる声を聞けるきっかけになるのではと考えており、どうにかお客様同士が気軽にコミュニケーションのできる場所を作ることはできないかと模索していた。

詳しくはこちら 

目的④ロイヤリティを向上させたい

株式会社バケット 

週に何回も来店してくださるお客様に対しても一律で同じDMを送ることしか出来ていなかったので、コミュニティを通じてお客様がファンとなって情報を拡散するといった、アンバサダーマーケティングともいえる形を実現したかった。

詳しくはこちら 



commmuneでは専属のカスタマーサクセス担当データサイエンティストが両輪でコミュニティ立ち上げ、運用を支援。管理保守はコミューン社が行うため、限られた担当者リソースは戦略検討など前向きな業務に集中していただけます!

導入企業の活用事例集はこちらからダウンロードください。

【資料ダウンロード】commmune活用事例集

commmune活用事例集

企業とユーザーが
融け合う
カスタマーサクセス
プラットフォーム
資料請求
運営企業採用情報
既にアカウントを
お持ちの方はこちら
お客さま向け規約ユーザー向け規約プライバシーポリシー情報セキュリティ方針ヘルプページ開発者ブログ
commmuneのtwitterアカウントページcommmuneのfacebookアカウントページ

©️commmune Inc. All rights reserved